LIBERTY

menu

結

病は自分で治す、治しました

体調がすぐれない。

とても辛いことだと思います。

何か気になる症状があるでしょうか。

あるいは、病気知らず、いつも元気ハツラツ、キラキラ輝いているでしょうか。

私の周りには、ご自分でご自分の病を治され、体調不良から開放され、元気&自由に生きていらっしゃる方がたくさんいます。

とても大変な診断名がついたとしても、治癒された方が、たくさんいます。

私も3年程ステレス性の湿疹に悩まされ、薬を飲み続けていた時代がありました。

とてもとてもかゆいのです。

全身がとてもかゆいのです。

寝ていても、仕事をしていても、お風呂に入っていても、何をしていても、あっちもこっちもかゆくてかゆくて、本当に哀しくなりました。

掻くことを最大限我慢するのですが、どうにもこうにもかゆくて全身真っ赤な時もありました。

ひどいところは引っかき傷で血が出ていたり、かさぶた状態です。

皮膚科へ行き、精神的なものだと指摘されました。

すぐに思い当たることがありました。

仕事でとてもとても負荷がかかり、自分で自分をコントロールすることが出来なくなっていたのでした。

かなり強い薬を飲むことで、かゆみは止まりました。

本当にほっとしました。

医師は言いました。

「この薬を飲み続ければかゆみはおさまるから」

あっという間に3年が経ちました。

お薬がなくなる前に病院に行かなくてはいけないのです。

それがだんだん負担となり、医師に聞きました。

「どれくらいで治りますか?」

「10年以上飲み続けている人もいるからね、まあ気長に飲めばいいんじゃない」

ガーン・・・

あまりにも衝撃的でした。

10年以上も飲み続ける。

あり得ないと思いました。

そこで、何としてでも治すと決めて、様々なところへ行きました。

気功師さん、占い師さん、ヒーラーさん、様々な代替医療治療院。

そんな出逢いの中で、1日で治すという体験をしました。

気持ちで治したのです。

マインド(脳と心)で治したのです。

薬は飲まないと決め、その日以降、1度も薬を飲むことなく、いつの間にかかゆみは止まりました。

私の師匠、苫米地英人博士は言います。

鬱を治したければ、鬱をやめればいいのだと。

私の体験したことは、まさにこのことでした。

ストレス性湿疹をやめたければ、ストレス性湿疹をやめればいい。

私はその通り、ストレス性の湿疹をある日きっぱりやめました。

やめたければやめればいい。

とてもリアルに体験したことでした。

自らの体験を振り返って思うことは、そうは言っても、なかなか1人でやめることは難しい場合があるということです。

「大丈夫。治るから」と心底思って下さる方との出逢いがあったから、そういう方との、定期的なやり取りがあったからこそ、おかげさまですっかりきれいに治すことが出来ました。

コーチングとは、まさに1人ではなかなか治癒することの出来ない、変えることの出来ない問題を好転させるプロセスです。

治したいこと、変えたいこと、好転させたいことのある方が、出逢うことが出来れば今日からでも状況を変えることの出来る人類の叡智の詰まった世界です。

 

【自分で病を治すコーチング】

トライアルコーチングを行っています。

http://www.libertycoaching.jp/trial-coaching.html

パーソナルコーチングを行っています。

http://www.libertycoaching.jp/menu.html#uesugi

コーチングを通して、あなたも病から開放された平和で自由な毎日を過ごしているでしょう。

 

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031