LIBERTY

menu

結

人が変化する裏には、影響を与えている人がいる

『もうこれ以上、人間関係で悩まない極意 今こそ、「縁起人」として生きろ』(苫米地英人著、TAC出版、2016)を読みました。

とても素晴らしい本です。

1度だけではなく、何度も繰り返し読みたい本です。

読みながら、たくさんのメモを取りました。

コーチングについても書かれています。

「コーチングには2つの要素があります。一つはコーチとクライアントの関係です。二人の間の縁起が生み出すものがコーチングというわけです。二つめは、コーチがクライアントに、頭やマインドの使い方・・・つまり、「縁起にどうか関わるか」というテクニックを教えることもコーチングと呼ぶのです」(138頁)

「当たり前といえば当たり前ですが、人間は一つの縁起の結果として存在しています。ですから、何度も繰り返しますが、まず関係があって、存在があるわけです。そうすると、その人の存在は、関係が変わると変わります。ということは、コーチという関係が加わると、クライアントの存在も変わることになるのです。コーチングの一番コアな部分がここです。つまり、コーチングとは、クライアントをまったく違った人物に変えてしまうということなのです」(139頁)

「激変する理由はたった一つ。「コーチ」という新しい縁起が関わったからです」(140頁)

「もともと、人間は、人間との縁起関係においてのみ行動するし、変化するものです」(141頁)

「人が変化する裏には、影響を与えている人がいる・・・」(142頁)

「人が変化する裏には、影響を与えている人がいる」、本当にそうだと思います。

まだまだ本の中では、たくさんたくさん深い話が続きます。

『もうこれ以上、人間関係で悩まない極意 今こそ「縁起人」として生きろ』

人間関係で悩んでいらっしゃる方はとても多いことでしょう。

すぐに具体的にどのように生きたらいいのかが示された素晴らしい本です。

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031