LIBERTY

menu

結

ゴールへ向かうか、ゴールを下げるか

レオン・フェスティンガー博士は
1954年に認知的不協和論を提唱しました。

認知的不協和論とは、
2つの相対する考えを同時に抱く際に見られる被験者の不快感を説明する理論です。

被験者は不快感を解消するために、
どちらか一方の考えに傾いた行動をとり、
2つの考えを同時に抱くことはないという実験結果を得ました。

ルー・タイスさんはこの認知的不協和論を
自身のセルフコーチングプログラムの中で
意識的、かつ肯定的に用いてゴール達成へ向かわせる
ツールとして応用しました。

青少年向けの次世代教育プログラムにおいても
ルー・タイスさんは動画を通して
認知的不協和論を応用したゴール達成の理論や方法について語ります。

子どもたちは、
認知的不協和論を応用したゴール達成の理論や方法についても
ワークを通して体験的に学びます。

認知的不協和論を応用したゴール達成の理論や方法について学んだ子どもが
発した言葉です。

「ゴールへ向かうか、ゴールを下げるか」

子どもたちは卓越した学習能力や言語表現力を持っています。

保護者の方が同席していたら
思わず涙を流して感動してしまうのではないかと思われるシーンが
数多繰り広げられます。

「ゴールへ向かうか、ゴールを下げるか」

世界中の子どもたちが皆一様に
ゴールを下げることなく大きなゴールへ向かい続けることを
大人全員で心から見守りたいものです。

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031