LIBERTY

menu

結

人は映像へと向かうので、どのような映像を持つかがとても重要です

コーチングにおいて、ビジュアライゼーション(映像化)はとても重要です。

人は映像へと向かうので、どのような映像を持つかがとても大切となります。

ありたい自分の映像を、しっかりと意識的に創る。

そして、もうすでにそうである!という強い臨場感を伴い、その映像を繰り返し繰り返し体感し続ける。

すると、その臨場感の強い映像が現実となっているというカラクリです。

心理療法でも、イメージをとても大切にします。

イメージ療法も、箱庭療法も、コラージュ療法も、フォーカシング思考心理療法も、

映像をありありと身体性を持ち体感することを大切にします。

人は映像へと向かいます。

ぜひありたいご自分をありありと強い体感を伴わせてイメージして毎日過ごしてみて下さい。

夜寝る時も、朝起きた時も、歯を磨いている時も、顔を洗っている時も、歩いている時も、空を見上げた時も。

気がつけば、体感し続けていた映像の通りの現実が実現しています。

【映像の力でゴールを実現するコーチング】

トライアルコーチングを行っています。

http://www.libertycoaching.jp/trial-coaching.html

パーソナルコーチングを行っています。

http://www.libertycoaching.jp/menu.html#uesugi

映像の力は偉大です。

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30